最近・・・

最近、読書をしておりません。

忙しいわけじゃないんですけど・・・

本を手にとることがありません。

もっぱら、パソコンに向かっております。

まあ、これには訳があって・・・

パソコンが、ちょっと旧型なんでいろいろありまして(起動時間が長い、処理速度が遅い、再起動する等々)

いろいろいじっているうちに、数時間経ってしまいます。

来年に買い換えかな?

少しボーナスも頂いたので。

3話目。

『前巷説百物語』の3話目をよみました。

「二口女」という題名です。読み始めは、この題名でどうやって物語りを進めていくんだろう?と思っていましたが、最初の方に書かれていた作り物(現代で言えば特殊メイク?)がこの物語のキーになるとはね。

また、結末も思っていたことと違うしね。

素直に読んでいたら、最後は「あれ!?」という感じになると思う。(私は、そうでした)

あと3話残ってます。

なかなか読めない。

先程、『前巷説百物語』の2話目「周防大蟆」を読みました。

もっと早く読みたかったのですが、無職の身でありながらも、いろいろと事情がありまして・・・

それはさておき、今回の話は前話「寝肥」で使った仕掛けを使って、ある仇討ちを実行するんですが・・・

仇討ちにいたる経緯もさることながら、結末も驚きました。

まあ、でも勘が鋭く働く人であれば、2/3のほど読めば分かるとおもいます。

私は、最後まで読んでしまいました。

鈍感ですから!!!

後4話あります。

このペースじゃ、読み終わるのは何時になるやら!?

やっと読みました。

先刻、やっと『前巷説百物語』の一話目「寝肥」を読みました。

(一ヶ月ほど前に買ったのですが・・・、いろいろありまして)

前3作も読んでいますが感想としまして、やはり京極さんは凄い!と思います。

大体の人がしっている妖怪や怪談を、よくもまあこんなにアレンジ(新説!?)して書けるモンですね!

早く次話を読みたいのですが、勉強せなアカンので・・・

明日まで、おあずけです!

発掘あるある!?

我が家にも、今、巷を賑わしている”発掘あるある”がありました。

部屋を整理していると、”あるある本”が出てきました。

Photo_1 なんと、5冊も発見!

さて、これはどう処分したらいいの?

古本屋さんで引き取ってくれるのかな?

たいてい、あまり価値は無いと思うけど、話題性はあると思うけど。

ちょと、考えてみます。

もう少ししたら、最後のご奉公(約1ヶ月)に旅立ちます。

今週の土曜日も帰ってくるけどね。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ